「オール東京」で強化してきた東京都が前回準Vの石川県に3-0快勝!

「オール東京」で強化してきた東京都が前回準Vの石川県に3-0快勝!
前半22分、東京都FW野澤零温(FC東京U-18、左)が先制ゴール。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[9.30 国体少年男子2回戦 石川県 0-3 東京都 高松緑地多目的球技場(人工芝)]

「オール東京」で戦う東京都がタイトル奪還へ向けて快勝発進――。第74回国民体育大会 「いきいき茨城ゆめ国体」サッカー競技少年男子の部は30日に2回戦を行い、前回大会準優勝の石川県と東京都の一戦は、FW野澤零温(FC東京U-18、1年)の2ゴールの活躍などによって3-0で東京都が勝利。東京都は10月1日の準々決勝で静岡県と戦う。

 東京都が初戦を突破した。主将のMF谷村峻(FC東京U-18、1年)らFC東京U-18に所属する8選手が先発起用された東京都は、判断よくパスを繋ぐMF梶浦勇輝(FC東京U-18、1年)や谷村を中心に序盤からボールを支配。テンポ良くボールを繋ぎ、50m走5秒台の快足FW横山歩夢(東海大高輪台高2年)のスピードや右SB宮下菖悟(FC東京U-18、1年)の攻め上がりも交えた攻撃で石川県ゴールを目指す。

 前半15分には右CKのこぼれ球をフリーの横山が決定的な右足シュート。これが枠を外れるなど、ラストの精度を欠いた部分もあったが、21分に先制点を奪う。谷村の右クロスをファーサイドでフリーのFW須藤太一(三菱養和SCユース、1年)が頭で逆サイドへ折り返すと、最後は野澤が頭でゴールに押し込んだ。

 対して、金沢U-18の9名を先発起用した石川県は、25分にFW平川悠人(金沢U-18、1年)とMF山口伊歩輝(金沢学院高1年)の2人で強引にボールを前に運んで山口が左足シュート。司令塔のMF不野優聖(金沢U-18、1年)やFW

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年9月30日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。