複数の誘いの中から「一番高いレベル」で挑戦することを決意。市立船橋の10番MF鈴木唯人が清水入り

複数の誘いの中から「一番高いレベル」で挑戦することを決意。市立船橋の10番MF鈴木唯人が清水入り
市立船橋高(千葉)のU-18日本代表MF鈴木唯人は清水エスパルスへ

 「一番高いレベル」で挑戦することを決めた――。清水エスパルスは4日、市立船橋高(千葉)のU-18日本代表MF鈴木唯人(3年)が来季(2020シーズン)に新加入することが内定した、と発表した。名門・市船の10番を背負う鈴木については、清水とJ2の3クラブが獲得を目指していたが、鈴木はJ1クラブでの挑戦を決意。静岡の名門クラブでプロ生活をスタートする。

 鈴木は技術力とアイディア、視野の広さに優れ、ドリブルで仕掛けて点を獲ることも、スルーパスでアシストすることも、ゲームメークすることもできる万能型。昨年から市立船橋のレギュラーに定着し、今年は日本高校選抜、U-18日本代表も経験してその成長を加速させている。
 
 鈴木は今年の高体連を代表するタレントの一人だが、高卒でJ1クラブに入ってもなかなか試合に出られない可能性がある。より早く試合に出るため、J2からのプロ入りを勧める声もあった。本人も迷ったようだが、最終的に最も厳しい環境へ進むことを決めた。

「J2は『試合に出れる』と言われるんですけれども、自分は出れない状況でもそこで戦って成長しないと、もうひとつ上の世界でやっていけないし、エスパルスで出れなかったら上の世界でもやっていけない。最初から妥協しないというか、(J1へ)行けるのに挑戦しないのも違うかなと思った。まずは一番高いレベルの中に入って、自分がどれだけできるかということとレベルの高い選手とやることによって、自分も一回りも二回りも成長できると思って決断しました」。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 清水エスパルス 北川航也
  2. 清水エスパルス 日本代表
  3. 清水エスパルス 移籍
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年10月5日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「清水エスパルス + 移籍」のおすすめ記事

「清水エスパルス + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「清水エスパルス + 日本代表」のおすすめ記事

「清水エスパルス + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴィッセル神戸」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴィッセル神戸」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら