南野3戦連発!長友10年ぶり弾!伊東3アシスト!遠藤&鎌田初ゴール!6人で6得点の大勝

南野3戦連発!長友10年ぶり弾!伊東3アシスト!遠藤&鎌田初ゴール!6人で6得点の大勝
3戦連発となる先制点を決めたMF南野拓実

↓関連ニュース[10.10 W杯アジア2次予選 日本6-0モンゴル 埼玉]

 日本代表は10日、カタールW杯アジア2次予選の第2戦でモンゴル代表と対戦し、6-0で大勝した。前半22分にMF南野拓実の3戦連発弾で先制すると、その後も怒涛のゴールラッシュ。ホーム初戦を6得点の完封勝利で飾り、9月10日のミャンマー戦(○2-0)に続く2連勝。チームは明日11日に日本を出発し、15日のタジキスタン戦(ドゥシャンベ)に臨む。

 日本はケガで招集を見送られたFW大迫勇也に代わる1トップでFW永井謙佑を起用。中盤の右サイドでMF伊東純也、ボランチではMF遠藤航が先発した。永井と伊東は6月9日のキリンチャレンジ杯・エルサルバドル戦(○2-0)以来のスタメン。遠藤は1月28日のアジア杯準決勝・イラン戦(○3-0)以来の出場となった。そのほかはミャンマー戦から変わらず、GK権田修一に4バックは右からDF酒井宏樹、DF冨安健洋、DF吉田麻也、DF長友佑都。中盤はMF柴崎岳と遠藤のダブルボランチで、2列目は右から伊東、南野、MF中島翔哉と並び、永井が1トップに入った。[スタメン&布陣はコチラ]

 FIFAランキング183位のモンゴルに対し、同31位の日本が立ち上がりから一方的に攻め込んだ。まるでハーフコートゲームのような展開。伊東、中島の両翼が両サイドバックも使いながら高い位置を取り、サイド攻撃を繰り返す。前半17分、南野の左クロスに永井が合わせると、GKが弾いた浮き球に永井が相手GKと競り合い、こぼれ球を押し込んだが、これはGKに対するファウルを取られた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年10月11日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら