残留争う直接対決はドロー決着…鳥栖に2度の先行許した磐田が追い付く

残留争う直接対決はドロー決着…鳥栖に2度の先行許した磐田が追い付く
残留を争う直接対決は痛み分けに終わった

[10.19 J1第29節 磐田2-2鳥栖 ヤマハ]

 J1は19日に第29節を開催し、ヤマハスタジアムでは最下位のジュビロ磐田(5勝6分17敗。勝ち点21)と16位のサガン鳥栖(9勝4分15敗。勝ち点31)が対戦。前半12分にMFイサック・クエンカのゴールで鳥栖が先制するが、同アディショナルタイムにFWルキアンが決めて磐田が追い付く。後半22分にはFW金崎夢生の得点で鳥栖が勝ち越したものの、同39分にMFアダイウトンのゴールで磐田が追い付き2-2の引き分けに終わった。勝ち点1を上積みした鳥栖は、横浜FMに敗れた湘南をかわして残留圏となる15位に浮上している。

 ホームの磐田は5日の第28節横浜FM戦(●0-2)から先発1人を入れ替え、DF大井健太郎らを先発起用。一方、アウェーの鳥栖は前節FC東京戦(○2-1)から先発の入れ替えはなく、同じ11人がスターティングメンバーに名を連ねた。

 前半12分に試合を動かしたのはアウェーの鳥栖だった。左サイドでボールを受けたクエンカが金崎に縦パスを打ち込み、自らはPA内へと走り込む。金崎が相手に寄せられながらも粘り強くキープしてスルーパスを通すと、クエンカが巧みなチップキックでネットを揺らし、スコアを1-0とした。

 1点のビハインドを背負った磐田だったが、前半アディショナルタイムに同点に追い付く。右サイドからDF大南拓磨が送ったクロスをFWルキアンがヘディングで合わせたシュートは、緩やかな軌道を描いてゴールマウスに収まり、試合を振り出しに戻した。今夏加入したルキアンにとって、リーグ戦初ゴールとなった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ジュビロ磐田 中村俊輔
  2. ジュビロ磐田 名波浩
  3. ジュビロ磐田 大久保嘉人
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年10月19日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ジュビロ磐田 + 移籍」のおすすめ記事

「ジュビロ磐田 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「ジュビロ磐田 + 名波浩」のおすすめ記事

「ジュビロ磐田 + 名波浩」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴィッセル神戸」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴィッセル神戸」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら