リバプールは“鬼門”攻略ならず…終盤に追いついて低迷マンUとドローも連勝止まる

リバプールは“鬼門”攻略ならず…終盤に追いついて低迷マンUとドローも連勝止まる
同点ゴールを挙げたアダム・ララナ

[10.20 プレミア第9節 マンチェスター・U 1-1 リバプール]

 プレミアリーグは20日、第9節が行われた。オールド・トラッフォードではマンチェスター・ユナイテッドリバプールが激突。ユナイテッドがFWマーカス・ラッシュフォードのゴールで先制したが、終盤に追いつかれて1-1で引き分けた。

 8試合を終えて2勝3分3敗と低迷するユナイテッドは、代表戦で負傷したGKダビド・デ・ヘアが間に合ったものの、先発予定だったDFアクセル・トゥアンゼベがウォーミングアップ中に負傷。代わってDFマルコス・ロホが入った。さらにシステムを4-2-3-1ではなく、3-4-1-2を採用。最終ラインにはロホとDFハリー・マグワイア、DFビクトル・リンデレフが入った。

 開幕8連勝中のリバプールは、開幕戦でふくらはぎを負傷したGKアリソンが先発で復帰。中盤はアンカーにファビーニョ、インサイドハーフにジョーダン・ヘンダーソンとジョルジニオ・ワイナルドゥムが入った。一方で、足首を負傷しているFWモハメド・サラーがベンチ外となり、FWディボック・オリギが起用された。

 オールド・トラッフォードでの“ナショナルダービー”は、ユナイテッドが直近5試合無敗(3勝2分)。リバプールが最後にアウェーで勝ったのは、ユルゲン・クロップ監督就任前の2014年3月まで遡らなければならない。

 勢いよく試合に入ったのはホームチームだった。前線からプレスをかけ、リバプールの持ち味である両サイドバックの攻撃を左WBアシュリー・ヤングと右WBアーロン・ワン・ビサカが抑制。今季あまり見られなかったエネルギッシュで、積極的なプレーを随所で披露した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年10月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら