ブラインドサッカー選手にも刻まれたラグビーの「ノーサイド精神」

ブラインドサッカー選手にも刻まれたラグビーの「ノーサイド精神」
近藤(手前)は試合後、相手選手と握手を交わした

[10.20 ブラサカ東日本リーグ第3節 GLAUBEN FREUND TOKYO 0-1 free bird mejirodai](埼玉県本庄市)

 ブラインドサッカー日本代表候補(ナショナルトレセン)として日本代表合宿にも参加したことがあるGLAUBEN FREUND TOKYOのFP近藤正徳が東日本リーグ・free bird mejirodai戦で先発フル出場。0-1で敗れ、悔しさをかみ殺した。

「自分で(ボールを)持つこともできなかったし、普段あまり出場機会のない選手のフォローアップもできなかった」

 近藤は高校時代、山梨の強豪、桂高校でラグビーをしていた。試合前日の19日には家族、親族5人で現在開催中のラグビーワールドカップ(W杯)を東京スタジアムに見に行った。優勝候補のニュージーランド代表対アイルランド代表戦だった。アイルランド代表はプールAで日本代表が対戦した相手でもあった。

「高校時代にラグビーはやっていましたが、ずっと言われていた『ノーサイドの精神』を体感できたのは初めてでした。僕が見ていた席の近くはアイルランドの人が多かったんですが、アイルランドの人もニュージーランドの選手がいいプレーをしたらその選手のことを応援していました。試合後は、義理の母がジャパン(日本代表)のユニフォームを着ていたんですが、近くに座っていたアイルランドファンの人が『次はジャパンの応援をするからユニフォームを交換しよう』といって、交換していましたんです」

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年10月23日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。