シメオネ、チームの象徴コケへのブーイングに…「それがフットボール。人々は今、この時しか見ていない」

シメオネ、チームの象徴コケへのブーイングに…「それがフットボール。人々は今、この時しか見ていない」
ディエゴ・シメオネ監督とMFコケ

 23日のチャンピオンズリーグ・グループD第3節、アトレティコ・マドリーは本拠地ワンダ・メトロポリターノでのレバークーゼン戦に1-0で勝利を収めた。ディエゴ・シメオネ監督は試合後、選手たちには勝利に向かう情熱があったと、大きな満足感を表している。

「選手たちに情熱を見ることができるならば、良い気分でいられる。今日、チームには情熱があった。良い試合を演じることもあれば、悪い試合をしてしまうことだってある。しかし、進むべき道は一つなんだ。私たちは物事をもっと良い形で進められるところへ近づいている」

 78分にDFロディのクロスからFWアルバロ・モラタがヘディングシュートを決めて、51日ぶりにワンダで勝利を取り戻したアトレティコだが、いまだ攻撃をうまく形づくれずに決定機を生み出すことに苦労を強いられている。こうした状況が続くことに、チームは不安を覚えてはいないのだろうか。

「不安があるのはある種、当たり前のことだ。チームは成長しており、良い側面だってある。しかしながらもちろん、ゴール前、最後の数メートルでのプレーを主として、改善しなければならないことがある」

「レバークーゼンについては、ドイツではもっとボールを保持してプレーしている。彼らがスピードあふれる良質な攻撃を仕掛けるのは分かっていたし、だからこそ、こちらからどう攻撃するのかが重要となったんだ。私たちは前半、中央から攻撃を仕掛けて、後半はサイドで深みを取ろうとした。まずトリッピアーがクロスを送り、それにコスタはうまく合わせられなかったが、その後にロディとモラタがうまくつながった」

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年10月23日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら