J内定2人を擁する帝京長岡、電光石火の前半4発で2年連続の新潟決勝へ

J内定2人を擁する帝京長岡、電光石火の前半4発で2年連続の新潟決勝へ
ループシュートを決めて喜ぶ帝京長岡高MF田中克幸

[10.26 選手権新潟県予選準決勝 北越高 0-4 帝京長岡高 長岡ニュータウン運動公園]

 第98回全国高校サッカー選手権大会の新潟県大会は26日に長岡ニュータウン運動公園で準決勝2試合を行い、第1試合は昨年度全国8強の帝京長岡高が4-0でインターハイ8強の北越高を下して2年連続の決勝進出を決めた。豪雨に襲われた前半の4得点が、勝敗を分けた。

 テクニカルなチーム同士の技術戦が予想されたが、天候に大きく影響を受けた。試合前から土砂降りとなる中、帝京長岡は前半6分のファーストチャンスでMF谷内田哲平(3年、京都内定)が蹴った左CKをDF丸山喬大(3年)が頭で決めて、いきなり先制。11分には同じ形から谷内田が直接ゴールを狙う場面もあり、勢いに乗った。

 前半24分、中盤から抜け出しに成功したMF田中克幸(3年)がドリブルで独走から鮮やかなループシュートを決めて2点目。さらに33分、MF矢尾板岳斗(3年)が右からのカットインでミドルシュートを放つと、GKが弾いた球を田中が詰めて3点目。その後も左CKに合わせた丸山が際どいヘディングシュートを放つなど一方的に攻め立てる。そして、前半のアディショナルタイムに谷内田の右CKを矢尾板が頭で決め、リードを4点に広げて試合を折り返した。

 2得点の田中は、大学に進学予定だが、複数のJクラブが獲得に動いた逸材。「試合の入りからタッチ数少なく前を目指せた。最初は、サイドに張って前向きで得意なドリブルでリズムを作って、通用しなかったら、開いてボールタッチを増やしてリズムを作ることもある」と話す通り、サイド、中央のスペースを自在に使って攻撃をけん引した。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事をもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月27日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。