身体能力は県下一、日本文理がタフマッチ制して新潟決勝へ

身体能力は県下一、日本文理がタフマッチ制して新潟決勝へ
集中豪雨の中、タイムアップに歓喜する日本文理高イレブン

[10.26 選手権新潟県予選準決勝 新潟明訓高 0-1 日本文理高 長岡ニュータウン運動公園]

 第98回全国高校サッカー選手権大会の新潟県大会は26日に長岡ニュータウン運動公園で準決勝2試合を行い、第2試合は日本文理高が1-0で新潟明訓高を下した。

 立ち上がりから互いにロングボールを多用し、試合は肉弾戦の様相を呈した。中でも、キャプテンマークを巻いた2人が存在感を発揮。日本文理が右サイドからのクロスや右DF古俣眞斗(3年)のロングスローでゴールを脅かせば、新潟明訓はMF高橋一誠(3年)が果敢にボールサイドへ顔を出し、足下で相手をかわして前進して対抗した。

 ともに押し込んでも決定機を作れずにいた前半、ゴールを生み出したのは、日本文理のハイプレスだった。29分、中盤の高い位置でMF秋元圭太(3年)がボールを奪うと、ショートカウンターへ移行。前線で身体を張っていたFW長崎颯真(2年)が完ぺきに最終ライン裏へ抜け出し、GKとの1対1を決めて先制に成功した。

 新潟明訓は、サイドMFとサイドDFの攻撃参加から押し返して敵陣でセットプレーの機会を増やすと、40分に右サイドで木下裕介(2年)が相手クリアをワンタッチで対角へ蹴り込んだプレーをきっかけに敵陣の深い位置を強襲。CB竹内豊(2年)のクロスをFW小山瑠太(3年)が頭で合わせて決定機となったが、ゴールの枠を捉えられなかった。

 試合を通じて目立ったのは、日本文理の体格の良さと身体能力の高さだった。守備では大きな体でプレスをかけて相手のパスを引っかけ、ロングボールは長身で弾き返し、両サイドにボールが収まれば右の

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事をもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月27日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。