[MOM3008]日本文理FW長崎颯真(2年)_2年前の躍進きっかけに進学のFWが決勝点

[MOM3008]日本文理FW長崎颯真(2年)_2年前の躍進きっかけに進学のFWが決勝点
前半29分、日本文理高FW長崎颯真が決勝ゴール

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[10.26 選手権新潟県予選準決勝 新潟明訓高 0-1 日本文理高 長岡ニュータウン運動公園]

 3トップがガンガンと仕掛ける全国初出場校の姿は、一人の中学生に大きな影響を与えた。2年前に行われた第96回全国高校サッカー選手権に、新潟県代表として初出場を果たして8強まで勝ち進んだのは、長身GK相沢ピーター・コアミ(現千葉)らを擁する日本文理高だった。その姿を見て門をたたいたFW長崎颯真(2年)が、決勝進出につながる貴重な決勝点を挙げた。新潟明訓高とのロングボールバトルが続いた前半29分、中盤からのショートカウンターに鋭く抜け出し、右足のシュートでGKとの1対1を制した。

「後ろの選手が全力で守ってくれていたので、自分も結果を残さないといけないと思っていた。チームに貢献できたかなと思います。前の日からイメージを膨らませていました。動画を見たのは(ドイツ1部バイエルンで活躍しているポーランド代表の大型FWロベルト・)レワンドフスキ選手。相手を押さえてプレーするのが上手いし、決定力もあって、ヘディングも強い。自分のプレーの参考になると思って。でも、ゴール前のプレーを見ていて、あんな形で抜け出すことは想像していなかったですけど……。簡単なシュートほど難しいと言われるので、(完全に1対1になって)ヤバイと思って焦ったんですけど、少し顔を上げてGKを見たらニアサイドが空いていたので、インサイドで蹴り込みました」

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事をもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月27日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。