W杯切符を得て2冠に輝くもどん欲。電動車椅子サッカー日本代表・三上が抱く危機感

W杯切符を得て2冠に輝くもどん欲。電動車椅子サッカー日本代表・三上が抱く危機感
撮影:松本力

[11.3 パワーチェアフットボールチャンピオンシップジャパン決勝 
Yokohama Crackers 2-0 FCクラッシャーズ](静岡エコパアリーナ)

重度の障がい者が電動車椅子を駆使してサッカーをプレーする全日本の頂点を決める「パワーチェアフットボールチャンピオンシップジャパン2019」が2、3日の2日間にわたって行われ、静岡県袋井市で開催され、Yokohama Crackers(神奈川県)が強豪のFCクラッシャーズ(長野県)を下し、2年ぶり4度目の優勝で幕を閉じた。

 国際表記に倣って「日本電動車椅子サッカー選手権大会」から大会名称を変更した今大会は、名実ともに「国際基準」が色濃く反映された大会となった。2021年電動車椅子サッカーW杯オーストラリア大会のアジア・オセアニア地区予選となる「APOカップ」からわずか1週間後の開催だったが、APOカップでのレフェリング基準が事前の通達なく採用され、ほとんどのチームがその変更に対応できず、大会は例年になく荒れた。

 特に厳しくなったのは接触に対しての基準だ。例えば守備をしに行った選手のバンパーが、ボールを保持している選手の身体に近い位置(今大会では黄色いテープで「車体」と「バンパー」を明確に示した)にわずかでも接触した時点で、すぐに笛が吹かれた。強い衝撃が加われば、即座にイエローカードが提示される。そのため、過去大会では珍しくさえあったイエローカードが、今大会は頻発した。MAX10(時速10kmカテゴリ)注目カードの一つ、SFCデルティーズ(静岡県)と優勝候補・Nanchester United鹿児島(鹿児島県)との試合では、両チームのキャプテンがイエロー2枚ずつで退場するという異例の事態に。今大会の混乱を象徴するような出来事だった。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月6日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。