要所で強さ発揮した帝京が決勝進出!粘る堀越を突き放して全国王手:東京A

       
要所で強さ発揮した帝京が決勝進出!粘る堀越を突き放して全国王手:東京A
FW山本乾太(3年)が決勝点

[11.9 選手権予選準決勝 堀越1-2帝京 味フィ西]

 カナリア軍団が全国の舞台へ王手をかけた。第98回全国高校サッカー選手権の東京都大会は9日、味の素フィールド西が丘でAブロック準決勝を行い、第2試合は、帝京高が2-1で堀越高を振り切って決勝進出を決めた。16日の決勝戦は國學院久我山高と対戦する。

 3バックの外側にウイングバックを置き、ピッチを広く使ってポゼッションからチャンスを狙う堀越に対し、帝京は中央を締める守備で対抗。サイドでプレスをかけると、素早いアタックにつなげて押し返した。

 帝京は前半7分、相手ゴール前で左MF高橋岳(3年)がロングボールを競ると、こぼれ球を拾ったMF小島匠瑛(3年)のバックパスからMF深澤大輝(3年)がミドルシュート。さらに20分、左サイドで抜け出たFW山本乾太(3年)がクロスを送り、ゴール中央に入り込んだ右MF中瀬拓夢(3年)が頭で合わせ、ゆっくりとファーサイドへ飛んだボールがネットを揺らし、先制点となった。

 アシストした山本は「相手と入れ替わる得意のプレーがうまくいった。クロスは調整でかなりやってきた」と狙いを明かした。前半31分には、逆パターンでチャンス。中瀬が右サイドを押し込み、バックパスを受けた深澤のクロスを山本がシュートを放ち、ゴールを脅かした。
 それでも、堀越は我慢強くパスを回して、じりじりと試合のペースを引き寄せた。前半33分、FW片山信歩(3年)のポストプレーからトップ下の日野翔太(3年)がミドルシュートを飛ばして反撃。帝京は33分に右サイドで突破を図った中瀬が倒されてPKを獲得したが、小島のシュートは堀越GK榎本将之(3年)が左に跳んでファインセーブ。窮地をしのいだ堀越が徐々に勢いに乗っていった。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事をもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月9日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。