「律の背中をずっと見てきた」…“旧友”との共演を待ちわびるU-22日本代表MF食野亮太郎

「律の背中をずっと見てきた」…“旧友”との共演を待ちわびるU-22日本代表MF食野亮太郎
U-22日本代表MF食野亮太郎(ハーツ)

 王国との一戦で自信を手に入れたU-22日本代表MF食野亮太郎(ハーツ)が、再び同代表に招集された。「この1か月、チームでしっかり成長して、ここに帰ってこれたと思っている」と、2度目となるU-22日本代表の活動で再アピールを狙っている。

 1998年6月18日生まれで21歳の食野は、今季J3リーグでシーズン序盤に8得点とゴールを量産。その後は主戦場をJ3からJ1に移し、J1リーグ12試合3得点を記録すると、8月9日にマンチェスター・シティへの完全移籍が発表された。同月30日にはスコティッシュ・プレミアシップのハーツへの期限付き移籍が発表され、翌31日にはリーグ戦でデビューすると、9月14日の第5節マザーウェル戦で初ゴールを記録した。

 そして、10月にはブラジル遠征を行うU-22日本代表に初招集されると、シャドーの位置で存在感を示し、キリンチャレンジカップ・U-22コロンビア代表戦に臨むU-22日本代表に再び招集された。

 ブラジル戦では「間で受けてドリブルで仕掛ける」という持ち味を存分に発揮。鋭いターンで何度も前を向き、果敢なドリブルでボールを運ぶなど、縦への推進力を生み出した。「ボールロストも多かったし、反省すべき点もいっぱいある」と答える一方で、「ブラジル相手にシュートまで行けた部分はすごく自信になった。2シャドーは攻撃にアクセントを加えるところだと思っている。自分の特長にはぴったりのポジションだと思うので、しっかりこなしていきたい」と自信も手にしたようだ。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年11月12日のサッカー記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「マンチェスター・シティ + 監督」のおすすめ記事

「マンチェスター・シティ + 監督」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アトレティコ・マドリード」のニュース

次に読みたい関連記事「アトレティコ・マドリード」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュース

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。