権田が語ったGK特有の回復法と、劣悪ピッチへの心構え「それが日本の代表なので」

権田が語ったGK特有の回復法と、劣悪ピッチへの心構え「それが日本の代表なので」
ペースを見極めつつ調整する日本代表GK権田修一(ポルティモネンセ)

 日本代表はキルギス合宿2日目の12日、合流日で分けられた二つのグループでトレーニングを行った。そんな中、合流初日のGK権田修一(ポルティモネンセ)は前日から合流していたGK2人に混じって練習しつつも、対人のミニゲームには参加せず。下田崇コーチと相談しながら、独自のペースで調整を進めたようだ。

 権田によると、この日のトレーニング参加基準は「自分とボールとの関係だけでできる」かどうか。接触プレーやローテーション調整があるミニゲームは前日合流組のGK川島永嗣(ストラスブール)、GKシュミット・ダニエル(シントトロイデン)に譲り、コーチのキックを止める練習や足でのパス練習などにはフルに参加した。

 連戦中のコンディション調整は選手間で負荷を揃えるのがセオリーではあるが、難しいのは試合中の運動量が少ないGK。「海外に行くようになってあまり代表に入っていなかったけど、もともと試合の次の日にリカバーとかはあまりしないタイプ」という権田は次のように調整法を語る。

「試合は3kmくらいしか動かないし、W杯予選の時はポルトガルで1試合やってから、次に中3日で試合があって、また次に中4日で試合があって…となると、動いていないといけない。動きながら調整するほうがいいし、ボールを触りたい。またジョギングをするのがGKのリカバリーに良いかは個人的に分からないので、GKの動きをしながらリカバリーするほうが自分には合っていると思う」。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月14日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。