[デフフットサルW杯]準々決勝に進んだ女子代表は前回準優勝のブラジルに1点差で涙。5-8位決定戦へ

[デフフットサルW杯]準々決勝に進んだ女子代表は前回準優勝のブラジルに1点差で涙。5-8位決定戦へ
2点目のゴールを阻まれた鳥海玲奈(提供:日本ろう者サッカー協会)

【デフフットサルワールドカップ2019】(スイス・ヴィンタートゥール)
デフフットサル女子日本代表1-2(前半0-0)ブラジル代表

 デフフットサル女子日本代表が現地時間13日、準々決勝で前回W杯準優勝のブラジル代表と戦い、1-2で敗れた。

 ブラジル代表は予選3試合で35得点をあげた攻撃力が脅威だったが、日本代表は抜かれてもカバリングが早く、前半を0-0で折り返した。残り11分まで0-0だったが、相手GKからのロングスローに前線で待っていた選手が鋭く反応。わずかに変えられた角度にGK芹沢育代が一瞬だけ対応が遅れて先制ゴールを許した。さらにそのわずか3分後、日本がボールを奪われてから一気に逆襲にあい、2点目を決められた。日本の選手は挽回を期して円陣を組んでいるそばで、ブラジルの選手は足がつってしばらく立てなかった。

 日本はそのひたむきさを形にしたのは残り3分を切った時間帯。相手GKがドリブルで中盤付近までボールを運んできたところを、主将の岩渕亜依が奪い、一気に前進。右足を振りぬき、1点差に詰め寄った。さらにその約1分後、相手のミスによるこぼれ球が鳥海玲奈の足元に。左足を振りぬいたが、相手GKの好セーブに阻まれ、同点ゴールは奪えなかった。残り1分を切ってからGK芹沢もゴールマウスを離れて総攻撃を仕掛けたが、その執念は実らなかった。

 女子日本代表の山本典城監督はこう振り返った。

「選手たちは最後まで諦めず戦ってくれました。予選リーグで戦ったヨーロッパの相手とは違い、女子デフフットサルの世界の中ではまだ少ないと言えるフットサルの戦術的な部分のトレーニングを行ってきているブラジルとは終始、均衡した戦いでした。その中でこういった結果になってしまったことには様々な要因があったと思います。W杯準々決勝という緊張感含めたメンタル的な部分、戦術的な部分、個人技術、フィジカル……。ただその中で大きな差があったことといえば、このような試合で自分たちでやってはいけないミスをしてしまったこと、そして自分たちが作ったチャンスを決めることができなかったこと、その差が結果に繋がってしまいました」

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. フットサル 日本代表
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年11月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「フットサル + 日本代表」のおすすめ記事

「フットサル + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ラグビー」のニュース

次に読みたい関連記事「ラグビー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「陸上競技」のニュース

次に読みたい関連記事「陸上競技」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。