U-22日本vsU-22コロンビア 試合後の森保一監督会見要旨

U-22日本vsU-22コロンビア 試合後の森保一監督会見要旨
U-22日本代表を率いる森保一監督

 U-22日本代表は17日、キリンチャレンジカップで対戦したU-22コロンビア代表に0-2の完封負けを喫した。

 以下、試合後の森保一監督の会見要旨

森保一監督
「今日のU-22東京五輪に向けてのチームの強化としてキリンチャレンジカップ・コロンビア戦を行わせて頂いたこと、そして2万6000人という大観衆に、ここエディオンスタジアムに頂いて、試合を盛り上げて頂いたこと、そしてメディアの皆さんを通して、たくさんの方が、この試合に注目してくれていたこと、応援して下さっていたことにまずは感謝申し上げます。試合は結果的に残念だったが、まずは平和の祭典、東京五輪に向けての国内での初めての親善試合が、ここ平和都市広島で試合ができたことが、平和の発信、平和を考えていくことについて、意義のある試合をさせて頂いたと思っている。12月28日の長崎での試合も、平和に向けて、平和を噛み締めて、平和を考えてピッチとスタンド、そしてメディアの皆さんを通して、応援して下さる方と時間を共有できればと思う」

「今日の試合、選手たちは国内での初試合ということで、絶対に勝って東京五輪への期待を持って頂こうということで、非常にモチベーション高く、良い準備してくれて試合に臨んでくれた。しかしながら、素晴らしい雰囲気を作って頂いた中、勝たなければいけないというところが逆にプレッシャーになったのか、硬い入りをしてしまい、相手にペースを握られ、難しい試合になったと思っている。東京五輪本大会を見据えたときに、ラグビーW杯でも日本代表の経験のある皆さんが入りの部分で、勝たなければいけないというプレッシャーの中、戦っていたことを見ていたが、五輪本大会も同じような状況になることが十分考えられる。今日の雰囲気を作って頂いた中で、東京五輪の本大会は非常に難しい戦いになる入りのところ、もっとメンタルを強くして、我々がアグレッシブに戦えるようにならなければいけないということ、学びの場になったと思う。試合を通して1対1の局面で上回れていたところは、課題として挙げないといけないが、メンタル的にスムーズに入れるように、そこは我々スタッフが雰囲気作りから本大会のイメージを、いかにもっとやれるかというところ、今回のような機会を生かして本大会に進んでいきたい」

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年11月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。