洛北の勢いに飲まれて苦戦も、交代選手が大仕事。延長戦制した京都橘が2年ぶりに選手権へ

洛北の勢いに飲まれて苦戦も、交代選手が大仕事。延長戦制した京都橘が2年ぶりに選手権へ
京都橘高が2年ぶりに選手権へ

[11.17 選手権京都府予選決勝 京都橘高 3-2 洛北高 たけびしスタジアム京都]

 第98回全国高校サッカー選手権京都府予選決勝が17日に行われ、インターハイ4強の京都橘高洛北高が対戦。延長戦の末、京都橘が3-2で勝利し、2年ぶり8回目の選手権出場を決めた。

 準優勝した2012年度の選手権以来、府予選6連覇を果たしてきた京都橘だが、昨年は準決勝で京都共栄高に敗れ、連続出場がストップ。雪辱を誓った今年は苦しみながらも、止まっていた時計の針を再び動かした。

 立ち上がりは、自陣からのロングボールを徹底した洛北のペースに飲まれた。DF金沢一矢(2年)らの跳ね返しから落ち着いてボールを動かしたい所だったが、「うちが相手の勢いを止めて、足元でプレーできれば行けるかなと思っていたけど、洛北さんのプレッシャーが速くて繋げなかった」(米澤一成監督)。洛北の勢いに飲まれて、ロングボールを蹴り返し、落ち着かない試合が進んだ。

 それでも、「昨年の選手権で負けた先輩の想いをどうにか表現したかった」と話すMF高木大輝(3年)が左サイドを思い切りよく突破し、相手を押し返す。すると前半11分には、ファーに流れた高木の左クロスから、MF西野太陽(2年)のシュートが右ポストを叩く。35分にはハーフウェーライン左から高木がゴール前にフィードを入れ、MF梅村脩斗(3年)が体勢を崩しながらゴールを狙ったが、洛北GK竹村直哉(3年)の好セーブに阻まれた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年11月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。