青森山田は優勝するために倒さなければならない相手。米子北DF田中主将「それが初戦だっただけ」

青森山田は優勝するために倒さなければならない相手。米子北DF田中主将「それが初戦だっただけ」
米子北高のDF田中秀磨主将は打倒・青森山田を誓った。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 優勝するために、前回王者を倒す――。2連覇を狙う青森山田高(青森)への最初の挑戦者に決まった米子北高(鳥取)のDF田中秀磨主将(3年)は、「打倒・山田」の決意を固めていた。

「本当に山田さんは素晴らしいチームだと思うんですけれども、自分たちも優勝を狙っている。やっぱり優勝狙っていたらどこかで倒さないといけないので、それが初戦だっただけ。山田は尊敬しているんですけれども、負けられない」

 プレミアリーグEASTで首位を走る相手が強いことはもちろん理解している。だが、自分たちの武器で勝負して、勝つだけだ。「しっかり無失点にしてという自信があります。相手は本当にプレミアでも凄い試合をしているので、自分たちが守る時間が多くなると思うんですけれども、自分たちは今年、守備力に自信があるチームなので、米子北の堅守速攻のサッカーをしたいと思います」と力を込めた。

 米子北は今年、プリンスリーグ中国で首位を独走中。なかなか得点できない試合でも守備陣が踏ん張って勝ち点を重ねてきた。青森山田はU-18日本代表MF武田英寿主将(3年、浦和内定)ら個の力もあるが、田中は「こっちにも代表がいるので」と大分内定のU-18日本代表CB高橋祐翔に期待。16強に終わったインターハイを負傷欠場した大型CBの力も加えて、より厚みのある守備をV候補相手に披露する。

 青森山田は県予選決勝(対八戸学院野辺地西高)で攻め続けながらも無得点。自分たちも80分間相手を集中を切らさずに守り切ることができれば可能性は広がる。初戦だからこそ準備する時間も十分。高橋に加え、注目の左SB岡田大和(3年)や下級生時から全国を経験してきた田中らが役割を果たし、速攻などから復調中のFW植田葉月(3年)やFW崎山友太(2年)、MF原田海(3年)が決めて「打倒・山田」をやり遂げる。

(取材・文 吉田太郎)●【特設】高校選手権2019

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年11月18日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。