Jリーグ勢ACL3連覇ならず…浦和、ホームで逆転優勝狙うも“2連敗”で終戦

Jリーグ勢ACL3連覇ならず…浦和、ホームで逆転優勝狙うも“2連敗”で終戦
逆転優勝を狙った浦和レッズだったが、ホームで0-2の完封負け

[11.24 ACL決勝第2戦 浦和0-2アルヒラル 埼玉]

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は24日、決勝第2戦を開催し、浦和レッズアルヒラル(サウジアラビア)をホーム・埼玉スタジアムに迎えた。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半29分にMFサレム・アルドサリに先制点を奪われると、同アディショナルタイムにFWバフェティンビ・ゴミスにダメ押しゴールを奪われて0-2の完封負け。アジアの頂点まであと一歩に迫った浦和だが、2試合合計0-3で優勝を逃し、前身のアジアクラブ選手権での優勝経験はあったアルヒラルがACL初優勝を飾った。

 2年ぶり3度目のアジア王者を目指す浦和は、9日にアウェーで行われた第1戦(●0-1)から先発1人を入れ替えた。3-4-2-1のシステムを採用してGKには出場停止が明けた西川周作を起用し、最終ラインは右からDF岩波拓也、DF鈴木大輔、DF槙野智章を配置。中盤はボランチにMFエヴェルトンとMF青木拓矢、アウトサイドは右にMF橋岡大樹、左にMF関根貴大、インサイドハーフにはMF長澤和輝とMFファブリシオが配置され、1トップにはFW興梠慎三が入った。[スタメン&布陣はコチラ]

 第1戦を0-1で落とした浦和は、逆転で優勝するには2点差以上での勝利が必要(1-0の場合は延長戦)。前半8分に浦和は危機を迎える。左サイドからMFサレム・アルドサリが送ったパスの流れからPA内でゴミスにシュートチャンスが訪れるが、距離を猛然と詰めた西川がフィニッシュまで持ち込ませず。同9分には浦和に好機。左サイドから関根が送ったクロスの流れから橋岡がシュートチャンスを迎えるも、これは距離を詰めたGKアルムアイウフにブロックされてしまった。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「浦和レッズ + 移籍」のおすすめ記事

「浦和レッズ + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「浦和レッズ + 遠藤 航」のおすすめ記事

「浦和レッズ + 遠藤 航」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴィッセル神戸」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴィッセル神戸」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月24日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 浦和レッズ 柏木陽介
  2. 浦和レッズ 槙野智章
  3. 浦和レッズ 移籍

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。