酒井高徳と内田篤人が7年ぶりの“直接対決”「久しぶりでワクワクしていた」

酒井高徳と内田篤人が7年ぶりの“直接対決”「久しぶりでワクワクしていた」
試合後、サポーターの前で整列するMF酒井高徳

[11.30 J1第33節 鹿島1-3神戸 カシマ]

 元日本代表サイドバック対決が7年ぶりに、Jリーグでは実に10年ぶりに実現した。ヴィッセル神戸MF酒井高徳鹿島アントラーズDF内田篤人。「ドイツで一緒だっただけでなく、代表でもW杯を一緒に戦った選手」(内田)という2人だったが、公式戦で対決するのは意外にも数えるしかなかった。

 10年夏に鹿島からシャルケに加入した内田と、12年1月に新潟からシュツットガルトに加入した酒井。内田は昨年1月に古巣に復帰し、酒井は今夏に神戸へ移籍した。6年間、同時期にドイツでプレーしていたことになるが、ブンデスリーガでの直接対決で2人がそろって出場したのは12年12月8日のシャルケ対シュツットガルト戦だけだった。

 ところが、この試合で酒井はMFルイス・ホルトビーに対する危険なスライディングタックルで後半22分に一発退場。また、内田、酒井ともに右サイドバックでの先発だったこともあり、マッチアップはしなかった。「試合前から楽しみにしていた。シュツットガルト時代以来だし、そのときは退場していたので、久しぶりにやれるのでワクワクしていた」と酒井は明かす。

 Jリーグでの対決となると、09年10月4日の鹿島対新潟戦以来、約10年ぶりだった。当時は酒井が途中出場だったうえ、「まだ面識もなかったので……」。この日は内田が右サイドバック、酒井が3-4-3の左ウイングバックで先発し、立ち上がりから激しくマッチアップした。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「酒井高徳 + Instagram」のおすすめ記事

「酒井高徳 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「酒井高徳 + 引退」のおすすめ記事

「酒井高徳 + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュース

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月30日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 酒井高徳 Instagram
  2. 酒井高徳 引退

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。