大一番で取り戻した「いい時の自分たち」山形MF本田は“天敵封じ”も完遂「完璧に近い試合」

大一番で取り戻した「いい時の自分たち」山形MF本田は“天敵封じ”も完遂「完璧に近い試合」
大宮FWロビン・シモヴィッチを厳しくマークした山形MF本田拓也

[12.1 J1参入プレーオフ1回戦 大宮0-2山形 NACK]

 昇格が懸かった大一番で本来の姿を取り戻した。年間順位3位だった大宮アルディージャの本拠地に乗り込んだ同6位のモンテディオ山形は、引き分けでも敗退が決まる中で2-0の完封勝ち。ボランチとしてチームをコントロールしたMF本田拓也は「正直、完璧に近い試合だった」と会心の勝利に胸を張った。

 シーズン序盤から堅守を生かして勝ち点を重ね、リーグ前半戦を首位で折り返した山形。ところが後半戦に入ると徐々に守備が乱れ、最後はぎりぎりの6位でJ1参入プレーオフ出場圏内に踏みとどまった。リーグ戦のラスト4試合の失点数は10。不安を抱えて大宮戦に臨んだが、上位を走っていた時期を思い起こさせるような戦いを演じ、3戦3勝が絶対条件の昇格に向けてまずは1勝を手にした。

 本田はチームが立ち直った要因として「球際と切り替えのところ、強度というのはすごく今日は高かった。あと前からのプレスを連動して行くところと、ラインの高さ。すごくコンパクトだったと思う」と振り返る。

 “天敵”のFWロビン・シモヴィッチ対策も効いた。8月4日にアウェーで行われた前回対戦の第26節では、199cmを誇るスウェーデン人FWの高さとテクニックに手を焼き、2ゴールを献上。試合も2-3で落とした。

「(リーグ)後半戦で大宮とやった時、シモヴィッチに(ボールを)入れられたところで強く行けなかったり、ボランチで挟めないシーンが多くて起点を作られた」(本田)

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「大宮アルディージャ + ジュニアユース」のおすすめ記事

「大宮アルディージャ + ジュニアユース」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュース

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「名古屋グランパス」のニュース

次に読みたい関連記事「名古屋グランパス」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月1日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 大宮アルディージャ ジュニアユース

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。