リーグ戦未出場も恩師が太鼓判、187cmレフティーの大器・中央大DF三ッ田啓希は松本へ

リーグ戦未出場も恩師が太鼓判、187cmレフティーの大器・中央大DF三ッ田啓希は松本へ
中央大DF三ッ田啓希は松本山雅FCへ

「おまえならやれるから行ってこい」

 来季から松本山雅FCでプレーする中央大DF三ッ田啓希(4年=西武文理高)は、大学入学からリーグ戦での出場はゼロ。しかしそのポテンシャルを見越した佐藤健監督は三ッ田をプロの世界に後押しした。

 187cmの高身長、そして利き足が左足という特長を持つ。西武文理高では守備でのインターセプトや後方からのビルドアップで注目されたが、大学入学後はDF渡辺剛(FC東京)やDF上島拓巳(柏レイソル)というセンターバックの存在もあり、関東2部リーグには出られず。1、2、3年生まではインディペンデンス・リーグ(サテライトリーグ)で研鑽を積んだという。

 出場機会を得られない中、昨年の11月に松本から練習参加の話をもらう。「関東リーグにも出ていない状態。自信がないわけではなかったんですけど、出ていないということが気がかりだった」と悩みつつも年明けのキャンプにも参加。すると、プレーでアピールに成功した三ッ田は3月に改めてオファーを受けた。「そのときは天皇杯予選には出ることはできたけど、(プロになっても)どうなるかなって考えながら悩んでいる時期がありました」。実力は認められたが、自信につながる実績がない。そんな中で佐藤監督が背中を押した。「大丈夫だ、と言ってくれたのが自分の中では大きかった」。恩師の一言が決断の大きな力になった。

 187cmという恵まれた体躯、左利きという特長、そして後方からの冷静なビルドアップは、現代サッカーでセンターバックに求められている大きな武器だ。練習参加でも強度の部分で大きな差を感じながらも「通じるところはあった」と手応えも掴んだ。自身の特長を理解しつつ「その良い部分を自分で出していかなきゃもったいない」とさらなる成長を狙っている。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「京都サンガF.C.」のニュース

次に読みたい関連記事「京都サンガF.C.」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「モンテディオ山形」のニュース

次に読みたい関連記事「モンテディオ山形」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「水戸ホーリーホック」のニュース

次に読みたい関連記事「水戸ホーリーホック」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月3日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。