スカウト絶賛の“ポテンシャルの塊”法大FW松澤彰は富山から更なる高みを目指す

スカウト絶賛の“ポテンシャルの塊”法大FW松澤彰は富山から更なる高みを目指す
左からMF末木裕也、黒部光昭強化部長、FW松澤彰

 法政大の189cm大型ストライカーであるFW松澤彰(4年=浦和ユース)は、MF末木裕也(4年=甲府U-18)とともにカターレ富山で来季よりプロ生活をスタートさせる。

 リーグの得点ランキングなど数字的な面では目立たたないが、現役時代、Jリーグ屈指のストライカーとして鳴らした富山の黒部光昭強化部長も「得点、アシストだけでなく、数字に残らないチャンスメイクも出来る。伸びしろがあるので、どこまでの選手になるのか。プロで体を鍛えていけば、間違いなくもっと上でやれる選手になる」と太鼓判を押す逸材だ。

 愛知県から上京してきたということもあり、アピールのために積極的に声を出していたという浦和ユース時代。当時、ユースを指導していた大槻毅監督の指名により、3年次は主将に就任。“闘将”と呼ばれるほどの厳しさでチームをけん引した。
スカウト絶賛の“ポテンシャルの塊”法大FW松澤彰は富山から更なる高みを目指す
スカウト絶賛の“ポテンシャルの塊”法大FW松澤彰は富山から更なる高みを目指す

 ただ法大進学後はキャラクターが一変。同学年に柏U-18で主将を務めたMF下澤悠太、広島ユースで主将だったDF加藤威吹樹ら、学年を引っ張る存在がいた。さらに後輩が先輩を呼び捨てにするほどの上下関係の軽薄さも心地よかった。「そっちの方が合っているのかな」。大学ではチームメイトも絶大な信頼を寄せるムードメーカーになった。

 “キャラ変”を成功させた法大への進学は、鶴の一声で決まっていた。松澤自身、最初は別の大学への進学を考えていたが、恩師である大槻監督が法大のセレクションを受けるように指示。大学事情に疎く、本人曰く法政大がどのレベルでどこに所在するかも知らなかったというが、名門校入学はあっさりと決まった。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「カターレ富山 + ジュニアユース」のおすすめ記事

「カターレ富山 + ジュニアユース」のおすすめ記事をもっと見る

「カターレ富山 + twitter」のおすすめ記事

「カターレ富山 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「カマタマーレ讃岐」のニュース

次に読みたい関連記事「カマタマーレ讃岐」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月6日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. カターレ富山 twitter
  2. カターレ富山 ジュニアユース

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。