左WB遠藤渓太、A代表デビュー戦の心残り「パスコースは見えていたけど…」

左WB遠藤渓太、A代表デビュー戦の心残り「パスコースは見えていたけど…」
日本代表MF遠藤渓太(横浜FM)

 A代表デビューは左ウイングバックのポジション。E-1選手権初戦の中国戦で「まずはしっかり守備のことを考えて試合に入った」という日本代表MF遠藤渓太(横浜FM)だったが、一つの心残りがあるという。

 それは左サイドからの攻撃の組み立てだ。試合から一夜明けた11日、遠藤は「自分自身、見えているパスコースはあったけど、そこを通すだけの度胸がなかった。ドリブルでも行けたけど行けなかった部分があった。もっとチャレンジできた」と振り返った。

 持ち味の上下動でクロスにつなげる場面は多く見せた。後半には、カウンターから惜しいカットインシュートも放った。しかし、中盤からの斜めのパスはDF佐々木翔(広島)に委ねるところが多く、そうした課題は自身でも認識していたようだ。

 もっとも「パスコースが見えなかったわけじゃなかったから、そこを使うプレー選択をしたかった」と解決策は明白。「デビュー戦で自分自身難しい部分もあったけど、そういう言い訳は通じない」と力強く語った背番号7は次の出番で挽回を期する。

(取材・文 竹内達也)●EAFF E-1選手権2019特集ページ

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月11日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。