FW小川航基が平山以来の代表デビュー戦ハット!! 新顔5発の森保J、E-1連勝で日韓戦へ

FW小川航基が平山以来の代表デビュー戦ハット!! 新顔5発の森保J、E-1連勝で日韓戦へ
ハットトリックを達成したFW小川航基(水戸)

↓関連ニュース[12.14 E-1選手権 日本5-0香港 釜山九徳]

 日本代表は14日、EAFF E-1選手権第2戦で香港代表と対戦し、5-0で勝利した。FW小川航基(水戸)が2010年1月アジア杯予選のFW平山相太以来、史上3人目となるA代表デビュー戦でのハットトリックを達成。2連勝の森保ジャパンは3大会ぶりの優勝をかけ、18日の最終節で2連覇中の開催国・韓国に挑む。

 森保一監督は第1戦の中国戦(○2-1)から先発総入れ替えを敢行。GK大迫敬介(広島)がゴールを守り、最終ラインはDF古賀太陽(柏)、MF田中駿汰(大阪体育大)、DF渡辺剛(FC東京)の3枚。ボランチはMF大島僚太(川崎F)とMF田中碧(川崎F)が組み、ウイングバックは左にDF菅大輝(札幌)、右にMF相馬勇紀(鹿島)。2シャドーはFW田川亨介(FC東京)、仲川が務め、1トップには小川が入った。[スタメン&布陣はコチラ]

 序盤は前線にパワーのある選手を揃えた香港に押し込まれる時間帯もあった日本だが、前半8分に試合を動かした。右サイドの浮き球を仲川が落ち着かせると、クロスは相手DFにかろうじて触られたが、ファーサイドでこぼれ球に反応したのが菅。豪快なボレーシュートをネットに突き刺し、A代表デビュー戦での初ゴールが貴重な先制点となった。

 さらに前半14分、大島が左コーナーキックをゴール前に蹴り込むと、戻りながらの田川が戻りながらのヘディングシュートを決め、こちらもA代表初ゴールで追加点。20分にも大島のフィードに菅が惜しい折り返しを見せ、25分には大島の浮き球パスに田川がボレーで合わせるなど、ゲームキャプテンを務める背番号6から次々に決定機が生まれた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月15日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。