[MOM668]中央大FW加藤陸次樹(4年)_プロ内定者が集う舞台で2発、「ここで負けていたら上には行けない」

[MOM668]中央大FW加藤陸次樹(4年)_プロ内定者が集う舞台で2発、「ここで負けていたら上には行けない」
中央大FW加藤陸次樹(4年)

[大学サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ supported by KIRIN]

[12.14 インカレ2回戦 中央大2-1仙台大 AGF]

 中央大仙台大の白熱の一戦は中大FW加藤陸次樹(4年=広島ユース/金沢内定)の2得点で決着がついた。加藤は前半30分に先制点を挙げるが、後半25分に追いつかれる。しかし同37分に再びゴールを決め、勝利を手繰り寄せた。

 前半はペースを握った中大だが、加藤自体の決定機は多くはなかった。しかしその瞬間が来たら絶対に逃さない。前半30分、MF中村亮太朗(4年=新潟明訓高/甲府内定)の起点からMF宮城和也(4年=興國高)が右サイドからクロスを上げ、ファーサイドのFW本間椋(3年=昌平高)が折り返す。「もちろん準備はしていました」と口にするものの、ゴールに押し込んだのは利き足ではない左足。「違和感はあったんですけど、いいところに当たったので良かったです」と決め切る力を発揮した。

 後半に入ると、一転して仙台大のペースに。徐々に惜しい場面が増えてきて会場は同点ゴールを期待し始める。そして後半25分に仙台大が待望の同点弾。大きなどよめきとともに、勢いは仙台大に傾き始めた。

 中大は後半34分にDF三ッ田啓希(4年=西武文理高/松本内定)を投入し、守備陣形を5バックにするなど仙台大対策を取って反撃を狙う。仙台大の左MF松尾佑介(4年=浦和ユース/横浜FC内定)、右MF嵯峨理久

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月15日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。