FW村上が大舞台で2発。名古屋U-18の仲間たちとの攻撃は「本当に楽しかったです」

FW村上が大舞台で2発。名古屋U-18の仲間たちとの攻撃は「本当に楽しかったです」
前半41分、名古屋グランパスU-18はFW村上千歩が左足で追撃ゴール

[12.15 プレミアリーグファイナル 青森山田高 3-2名古屋U-18 埼玉]

 名古屋グランパスU-18は0-2からFW村上千歩(3年)の2ゴールによって同点に追いついた。前半41分には村上が「ホットラインというか、自分のパスのほとんどは杏太のパスだったりした」という“相棒”MF榊原杏太(3年)のスルーパスからDFをかわして1点目。さらに後半14分には、左サイドを抜け出したMF田邉光平(3年)のグラウンダーのラストパスを1タッチでゴールに押し込んだ。

「(1年間を通して)ゴールの部分では本当に貪欲になった」と村上。貪欲に結果を求めてきた成果がUJユースカップでの得点王や、大舞台での2ゴールに繋がった。名古屋U-18はプレミアリーグWEST18試合でリーグ最多の55得点。FWとして、多彩なパスワークや個人技によって毎試合確実に複数のチャンスを作り出してくる仲間たちとのサッカーは、「攻撃して本当に楽しかったです」という。自分の良さとゴールへの意欲を発信し、仲間たちの良さも聞きながら連係面の精度を向上。名古屋U-18の仲間たちのおかげでFWとして成長させてもらうことができたと感じている。

 ただし、村上はファイナルでもう1点を獲れなかったことを悔しがる。「きょうは2点獲りましたけれども3点、4点獲っていく選手にならないと今後通用しないと思うので、次に繋げてやっていこうと思っています」と誓っていた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月16日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。