[MOM671]明治大MF中村帆高(4年)_「時が止まった」…“ゾーン”に入った男が価値ある決勝弾

[MOM671]明治大MF中村帆高(4年)_「時が止まった」…“ゾーン”に入った男が価値ある決勝弾
決勝点を奪った明治大MF中村帆高

[大学サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ supported by KIRIN]

[12.16 インカレ準々決勝 明治大1-0筑波大 味フィ西]

 やけにボールがゆっくりと自身へと向かってくる。周囲の状況を確認できたし、GKの位置もしっかりと見えた。明治大MF中村帆高(4年=日大藤沢高)がヘディングで合わせたボールは、ループ気味にゴールマウスへと向かった――。

 明治大は序盤から完全に主導権を握った。ゴールだけが生まれなかったが、チームに焦りはない。「今年のチームは点が入らないからといって焦ることはない。相手がどこであろうと、最初に失点しても、取り返せばいいというメンタリティがある」。総理大臣杯、関東リーグを制して自信を手にするチームは、ピッチ上で自分たちがすべき仕事をこなし続けた。

 すると、試合終盤の後半39分、中村が試合を動かす貴重な得点を生み出す。左サイドからMF中村健人(4年=東福岡高)が蹴り込んだクロスはファーサイドの中村の元へ。ここで、いつもと違う感覚、“ゾーン”に入ったような感覚に陥ったという。「何か、めっちゃ時が止まって、コースが見えた。ボールがめっちゃ、ゆっくり来た」。あとはゴールに向かうコースにボールを乗せるだけ。ヘディングで合わせたボールは、誰にも触れられることはなく、ゴールマウスへと収まった。

「左サイドからクロスを上げてくれると信じていた。森下(龍矢)が突破したときや、健人が入ってからは自分も一発に賭けようと狙いを定めていた。あれは健人のボールがほとんどだと思うけど、良いタイミングで入っていけたと思う」

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月16日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。