大学最後の試合は“ジョーカー”として…筑波大MF三笘薫「まだできたんじゃないか」

大学最後の試合は“ジョーカー”として…筑波大MF三笘薫「まだできたんじゃないか」
筑波大MF三笘薫

[12.16 インカレ準々決勝 明治大1-0筑波大 味フィ西]

 試合終了のホイッスルが吹かれる。大学サッカーが終わりを迎えた瞬間だった。筑波大MF三笘薫(4年=川崎F U-18/川崎F内定)はセンターサークル内で腰に手を当て、空を見上げていた。

 大学生活最後となった試合。託されたのは“ジョーカー”という役割だった。総理大臣杯と関東リーグを制した明治大に対し、筑波大はまず守ることを選択。そして、「逆の立場ならスーパーサブで三笘が出てくるのはすごく嫌だと思う」(小井土正亮監督)と勝負所で“切り札”となる三笘を投入しようとしていた。

 序盤から明治大に主導権を握られ、圧倒的に攻め込まれる。だが、筑波大は耐えた。そして、「少しずつ間延びしてきた」(小井土監督)という後半17分、MF小林幹(2年=FC東京U-18)に代わって三笘がピッチへと送り込まれる。劣勢の中、投入されることになったが、「流れを変える意味でも、僕のプレーで引き寄せられればと思っていた」と自らの力で流れを引き寄せようとした。

 実際に魅せた。後半24分にはハーフウェーライン付近でボールを受けるとドリブルを開始。寄せてくる相手選手を次々とかわしてPA内まで持ち込むなど持ち味を披露した。しかし、三笘を警戒する明治大は一人抜かれれば、二人目、三人目がチャレンジしてくる。スピードに乗った突破は、その壁をすべて打ち破れずにゴールを生み出すことはできなかった。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月16日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。