[MOM672]中央大DF松本大輔(3年)_J内定のエース封じ&炸裂2発! 闘莉王に憧れたCBの輝き

       
[MOM672]中央大DF松本大輔(3年)_J内定のエース封じ&炸裂2発! 闘莉王に憧れたCBの輝き
攻守に渡る活躍を見せたDF松本大輔(3年=帝京三高)がMOM

[大学サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ supported by KIRIN]

[12.16 インカレ準々決勝 中央大6-1大阪体育大 AGF]

 関西王者を粉砕したゲームで攻守に魅せた。中央大DF松本大輔(3年=帝京三高)がセットプレーから2ゴール。1-0で迎えた前半19分、MF高岸憲伸(2年=星稜高)が右CKを蹴り込むと、ニアサイドに入った183cmの松本が高い打点から強烈ヘッドで叩き込み、2-0に突き放した。

 終わってみれば圧勝劇となったが、次の1点を与えていれば流れが変わった可能性もあっただけに、勝利を決定付ける3点目が大きかった。迎えたチャンスは後半23分、MF中村亮太朗(4年=新潟明訓高/甲府内定)が左CKを蹴り入れると、再びニアサイドに入った松本が右足ダイレクトで押し込んだ。

 練習してきたセットプレーの形からチームの2点目、3点目を奪取。殊勲のゴールで勝利に結び付けたセンターバックは本職の任務もきっちりと遂行し、J内定のエースを90分間無失点に抑えてみせた。

 対峙したのはサガン鳥栖内定のストライカーFW林大地(4年=履正社高)。背後のスペースを狙われる時間帯もあったが、「内定者を止めれば」という気迫を持って1対1に対応。林のスピードと巧みな体使いに手を焼く場面もあったが、持ち前のフィジカルを生かして激しく寄せれば、ハイボールを跳ね返し、エースを無得点に封じた。

 センターバック一筋。長年憧れてきた存在は

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月17日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。