“風間サッカー”ベースの桐蔭横浜大が前年覇者法政大を撃破!初出場初優勝へあと2つ

“風間サッカー”ベースの桐蔭横浜大が前年覇者法政大を撃破!初出場初優勝へあと2つ
桐蔭横浜大が4強に勝ち上がった

[12.16 大学選手権準々決勝 桐蔭横浜大2-1法政大 柏の葉]

 第68回全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)の準々決勝が16日に行われ、桐蔭横浜大(関東2)が法政大(関東4)を2-1で下した。19日の準決勝では中央大とNACK5スタジアムで対戦する。

 前回王者相手にも自分たちの戦い方は変えない。安武亨監督は「相手に合わせることは考えていない。そもそも、合わせられないですし」と謙遜したものの、「勝っても負けても自分たちがやりたいことを貫いた方が納得できる。だから崩すつもりもありません」と堂々と話した。

 先制点はセットプレーから決まった。桐横大は前半16分、右サイドでCKを獲得すると、FW下村司(4年=市立船橋高)が蹴り入れる。これがフリーで走り込んでいたDF遠藤凌(3年=浦和ユース)の頭にピタリ。是が非でも欲しかった先制点を手にする。

 勢いのままに前半を折り返した桐横大は後半2分、MF神垣陸(3年=尚志高)が豪快なミドルシュートを突き刺して追加点を奪った。かに思えたが、直前にDF岩下航(3年=前橋育英高)とMFイサカ・ゼイン(4年=桐光学園高/川崎F内定)が入れ替わってボールを受けたプレーがオフサイドと判定されたために、ゴールが取り消しとなる。

 しかし集中力を切らさなかった桐横大は後半10分、相手GK中野小次郎(3年=徳島ユース/札幌内定)のスローを受けたMF末木裕也(4年=甲府U-18/富山内定)のバックパスを見逃さなかった岩下がカット。そのまま右足でゴールに突き刺し、正真正銘の2点目を奪った。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月16日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。