[MOM673]関西学院大MF山下諒(2年)_J3最年少出場記録を更新した男、久々の出番で決勝点

[MOM673]関西学院大MF山下諒(2年)_J3最年少出場記録を更新した男、久々の出番で決勝点
関西学院大MF山下諒(2年)

[大学サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ supported by KIRIN]

[12.16 インカレ準々決勝 関西学院大1-0(延長)立正大 川口]

 勝敗を決める男が言うセリフ――「今日は決められる気がしていた」。この試合では関西学院大MF山下諒(2年=G大阪ユース)がその言葉を吐いた。山下は後半33分から途中出場。そして延長後半4分に決勝弾を決め切った。

 互いに3-4-2-1という布陣を敷き、個と個のぶつかり合いとなったミラーゲーム。前線の選手を生かすため、攻撃のスイッチを入れるパスを出す選手として、山下は後半33分に投入される。「ベンチでアップしているときから今日点決められるわっていう気がしていた。決めてやろうっていう気持ちを強く持っていて、自分の出番来た決めたろって思ってた」。もちろん自身の役割はしっかりとこなしつつ、山下は勝敗を決する決意を固めていた。

 そしてその瞬間はやってきた。延長後半4分、FW山見大登(2年=大阪学院高)の縦パスをFW木村勇大(1年=大阪桐蔭高)がPAライン付近でキープ。右横にパスを出すと、待ち構えた山下が左足のアウトサイドでトラップしつつ、右足のつま先で押し込んだ。

 中盤にはガンバ大阪内定のMF山本悠樹(4年=草津東高)という絶対的存在がいる関学大。そのボランチというポジションは特に激戦区で、山下は1年次の出場はなし。2年次の今年はようやく先発2試合、途中出場2試合と出番を掴み始めているところだ。「Aチームでの公式戦という舞台では得点は取っていないし、試合に出たのも久しぶりだったので。本当に嬉しかったっていうただ素直な気持ち」とゴールの瞬間を振り返る。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月16日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。