[MOM674]桐蔭横浜大DF岩下航(3年)_チャンスは突然に

[MOM674]桐蔭横浜大DF岩下航(3年)_チャンスは突然に
後半10分にDF岩下航がチーム2点目を奪った

[大学サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ supported by KIRIN]
[12.16 大学選手権準々決勝 桐蔭横浜大2-1法政大 柏の葉]

 後半10分、DF岩下航(3年=前橋育英高)は自軍の攻撃がGK中野小次郎(3年=徳島ユース)にキャッチされたことで、左SBのポジションに戻ろうとしていた。

 だがチャンスは突然やってきた。中野のスローを受けたMF末木裕也(4年=甲府U-18)のバックパスが岩下の足元に入る。「ビックリした」と振り返る岩下が、落ち着いて前をみると、中野のポジションがずれていたことで、ゴールががら空きなのが分かった。「あとは決めるだけでした」。ゴールネットに突き刺すと、無我夢中でベンチ方向に走り、歓喜の輪の中心を作った。

 直前のプレーでモヤモヤ感があった。1点リードで折り返した直後の後半2分、桐蔭横浜大はMF神垣陸(3年=尚志高)が豪快なミドルシュートを決めたかに思われたが、岩下が関与したプレーがオフサイドと判定されて、主審と副審の協議の末にゴールが取り消しとなっていた。

 ただ岩下は引きずってはいけないと、気持ちの切り替えを心掛けていたという。そこで生まれた“取り直し”のゴール。「オフサイドになったときは気持ちが切れるかなと思ったけど、みんなで声を掛け合って、逆に一個ギアを上げていこうと話をしていた。そこで点が決まったので、気持ちが上がりました」と満面の笑みで答えた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月16日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。