GK小島「一番熱かったのはあの日韓戦」中村、大迫も出番譲らずアピール熾烈

GK小島「一番熱かったのはあの日韓戦」中村、大迫も出番譲らずアピール熾烈
日本代表のGK3選手(左から大迫、小島、中村)

 第1戦・中国戦(○2-1)ではGK中村航輔(柏)がゴールを守り、第2戦・香港戦(○4-0)ではGK大迫敬介(広島)が完封勝利に貢献。熾烈な争いが続いている日本代表守護神の座だが、出番に燃えているのがGK小島亨介(大分)だ。

 森保一監督は今大会、第1戦中国戦(○2-1)と第2戦香港戦(○5-0)で先発総入れ替えを敢行。すでに登録メンバー23人のうち22人が先発出場を経験しており、ピッチに立っていないのは小島だけとなった。

 もっとも、フィールドプレーヤーは一つのポジションを2人で争っているのに対し、GKは一つの椅子を3人で争う最激戦ポジション。中学時代にGKを本格的に始めて以来、キャリア10年間に差し掛かろうとしている小島も厳しい現実は理解している。

「簡単に言えば一つしかないポジションなので、出られるか出られないか。出られれば自分の100%を出すし、出られなければ出る選手のサポートをする」。プロ1年目の今季はリーグ戦の出場なし。苦境が続く中でも自らの役割をまっとうしようとしている。

 とはいえ次は日韓戦。2018年夏のアジア競技大会でU-21日本代表の正GKを務めた小島にとっては因縁の相手だ。当時の決勝の相手は徴兵免除の大願をかけ、FWソン・フンミン(トッテナム)らオーバーエイジを組み込んできたU-23韓国代表。日本は前後半90分間を0-0で終えたが、延長戦の末に1-2で惜敗し、銀メダルに終わっていた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月16日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。