夢見たインカレは悔しい幕切れも…桐蔭横浜大MFイサカ・ゼイン、川崎Fでも成長を信じて

夢見たインカレは悔しい幕切れも…桐蔭横浜大MFイサカ・ゼイン、川崎Fでも成長を信じて
川崎フロンターレ内定のMFイサカ・ゼイン
       

[12.22 インカレ決勝 明治大3-1(延長)桐蔭横浜大 浦和駒場]

 桐蔭横浜大のMFイサカ・ゼイン(4年=桐光学園高/川崎F内定)は言い訳をせず、敗れた責任を受け止めた。イサカとMF鳥海芳樹(3年=桐光学園高)の両翼を封じるため、明治大はミラーゲームとなる4-4-2の布陣で守備を構えてきた。

 相手の警戒を上回ることはできず、ドリブル突破やスルーパスでチャンスメイクする回数は限られた。「今年一悪かったくらいの出来だった。自分が勝たせられなかったという不甲斐なさと仲間への申し訳なさしかない」と、エースは自ら責任を背負った。

 桐蔭横浜大は今季、リーグ戦最高順位の2位に大躍進した。その攻撃の中心に君臨したイサカは通算10ゴール9アシストを記録し、アシスト王に輝いた。初出場を果たしたインカレもチーム一丸となって勝ち上がり、たどり着いた決勝戦。試合を通して明治大の破壊力ある攻撃に押し込まれたが、守備陣が体を張り続け、延長戦まで持ち込んだ。

 延長前半にDF眞鍋旭輝(4年=大津高/山口内定)が先制ゴールを奪うまで奮闘したが、最後は1-3で敗れた。初出場からの躍進で新たな歴史を刻んだが、優勝には届かず。「みんなが凄く頑張ってくれて、ここまで連れて来てくれたにも関わらず、この大会を通して貢献できなかった申し訳なさしかない」と声を落とした。

 悔しい幕切れにはなったが、今シーズンは川崎フロンターレへの加入内定が発表され、重圧と責任感が増す中で活躍を続けてきた。「こうやって一年生の時から夢見た舞台(インカレ)でできるようになった。それくらい数年で成長できる。それを信じて一日一日、もっとビッグな選手になれるように頑張っていくしかない」。進化を遂げた4年間を財産に、イサカ・ゼインは次なるチャレンジに向かう。

(取材・文 佐藤亜希子)●第68回全日本大学選手権(インカレ)特集

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事をもっと見る

「川崎フロンターレ + ジュニアユース」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + ジュニアユース」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「鹿島アントラーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「鹿島アントラーズ」のニュースをもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月23日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 川崎フロンターレ ジュニアユース
  2. 川崎フロンターレ 中村憲剛
  3. 川崎フロンターレ 大島僚太

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。