日本障がい者サッカー連盟とマネジメントソリューションズが「無言語コミュニケーション研修」の提供を開始

日本障がい者サッカー連盟とマネジメントソリューションズが「無言語コミュニケーション研修」の提供を開始
デフサッカー日本代表の植松監督が講師となった「あすチャレ!Academy」の授業風景

 日本障がい者サッカー連盟(JIFF)はパートナー企業のおもにプロジェクトのマネジメント実行支援をする「マネジメントソリューションズ(MSOL)」と共同で企業向けの「無言語コミュニケーション研修」を開発し、提供することを発表した。JIFFがパートナー企業と協力して研修プログラムを開発した初めてのケースとなる。

 この研修は耳が聞こえない人や難聴の人がプレーするデフサッカーやデフフットサルの競技者(監督、コーチ、選手)が講師またはサポーターをつとめ、言語を使わないコミュニケーションでグループワークを行う体験型研修。JIFFの加盟団体である日本ろう者サッカー協会やマネジメント研修のノウハウを持つMSOLの協力で開発された。このグループワークを通して情報を伝える側は「懸命に伝えよう」とし、受け取る側も「注意深く相手の意図を読み取ろうとする」という基本原則を実感し、チーム内に存在する見えない壁を取り払い、よりよいチームを作るだけでなく、障がいのある人、そうでない人が混ざり合う状況も理解することをアシストする。

 今後はデフサッカー日本代表の植松隼人監督をはじめ、選手などの協力も仰いで展開していきたい考え。植松監督はすでに日本財団パラリンピックサポートセンターが主催するダイバーシティ研修プログラム「あすチャレ!Academy」の講師として活動。企業向けから一般向けの講習など幅広く活動している。事業収益は諸経費を除き、JIFFを通じて障がい者サッカーの活動費に充てられる。

▼想定対象者:新入社員研修、新組織のチームビルディング、プロジェクトのキックオフ

▼推奨人数:15~30人

▼実施時間:120分程度

▼費用:40万円(120分)~

▼研修のお問合せ先
株式会社マネジメントソリューションズ
担当:人財本部 キャリアマネジメント部トレーニング 村松様
電話:03-5413-8808 FAX:03-5413-8809
E-mail:training@msols.com

(取材・文 林健太郎)
●デフ/障がい者サッカー特集ページ
●日本障がい者サッカー連盟(JIFF)のページはこちら

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月24日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。