将来はJ?それとも…“新・越後の重戦車”帝京長岡MF本田翔英は評定平均5.0の文武両道。「どんどん仕掛けて注目を浴びたい」


 12月30日に第98回全国高校サッカー選手権が開幕する。J内定3選手を擁し、磨いてきた技術力、判断力で対戦相手に差をつける帝京長岡高(新潟)は今大会の注目校。その中で異質の存在となっているのがMF本田翔英(3年)だ。縦への推進力とスピード、馬力で違いを生み出す注目アタッカー。勉強と両立して評定平均の5.0を保ち、プロサッカー選手と医者になる夢も持つ“新・越後の重戦車”本田が選手権や将来について語った。

―選手権出場が決まった。
「正直、ホッとしています。2年生の時は怪我をして結構悔しい思いもしたので、今回、全国に出れたんで全国で自分のプレーを発揮できたら良いと思っています」

―このチームの中では異質なプレーヤー。
「結構みんなパスが得意で攻撃が停滞してしまうこともあるので、自分が縦に仕掛けて、どんどん行くことで相手陣地でみんなのプレーを引き出すことも心がけています」

―この1年を振り返ると。
「去年の悔しさがあったので、今年は全部の試合で出て、継続して良いプレーをしようとふうにずっと考えていて、自分の身体もまだ成長している段階なので、もっと速くなると思うし、強くなると思うのでサッカーをやっていて今は楽しいですね」

―チーム事情で後方でも、前線でもプレーしてきた。
「結構戦術理解をするのが得意なので、後ろだったり、前でも適切なプレーができると思うんですけれども、自分の良さが出るのは前なので、前をやりたいという気持ちがありました」

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月30日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。