[MOM3137]静岡学園MF浅倉廉(3年)_川崎FではU-18昇格ならず。“先輩”大島の背中追って技あり先制弾

[MOM3137]静岡学園MF浅倉廉(3年)_川崎FではU-18昇格ならず。“先輩”大島の背中追って技あり先制弾
静岡学園高MF浅倉廉(写真協力『高校サッカー年鑑』)

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[1.3 全国高校選手権3回戦 静岡学園高2-0今治東中等教育学校 駒沢]

 高く上がった浮き球をピタリと止め、GKのいないコースにふんわりシュート。偉大な先輩を彷彿とさせるようなテクニックで先制点を奪った。静岡学園高MF浅倉廉(3年)は「周りのチームメートが活躍していたので自分も活躍したいという思いがあって、今日はやってやろうという思いがあった」と笑顔を見せた。

 前半4分、電光石火の一撃だった。右サイドを攻略したMF井堀二昭(3年)がクロスボールを送ると、相手のクリアがペナルティエリア際に立っていた浅倉のもとへ。「(相手が寄せてくるまで)時間がなかったので、トラップしてすぐシュートというイメージ」。これまで積み上げてきた技術を信じ、想像どおりの軌道でゴールネットを揺らした。

 静岡学園は今大会の1、2回戦で合計9得点を記録。ボランチの井堀と左サイドのMF小山尚紀(3年)が3ゴール、FW岩本悠輝(3年)が2ゴールを挙げている中、トップ下の浅倉はこれが大会初ゴールだった。「自分がゴール取れていなくて、不安というか自信がなかったので、今日取れたことによって自信になった」。気持ちを楽にさせるゴールとなった。

 そこからは「静学らしいサッカーをしたい」と持ち味のドリブルでも存在感を見せられるようになり、今治東のコンパクトな守備ブロックのギャップに何度も潜り込んだ。「サイドはストロングだけど、中央からも行けるという怖さをもっと見せつけたいという思いがある」。世間の注目はMF松村優太(3年/鹿島内定)と小山に集まるが、中央の要所を担う意地もあった。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事をもっと見る

「川崎フロンターレ + ジュニアユース」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + ジュニアユース」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「鹿島アントラーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「鹿島アントラーズ」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月3日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 川崎フロンターレ ジュニアユース
  2. 川崎フロンターレ 中村憲剛
  3. 川崎フロンターレ 大島僚太

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。