連覇へ前進!青森山田が前半3発で逃げ切り成功!!昌平後半追い上げるも届かず

連覇へ前進!青森山田が前半3発で逃げ切り成功!!昌平後半追い上げるも届かず
青森山田が前半に奪った3得点で逃げ切った(写真協力『高校サッカー年鑑』)

[1.5 高校選手権準々決勝 青森山田3-2昌平 等々力]

 第98回全国高校サッカー選手権大会の準々決勝が5日に行われ、等々力競技場の第1試合では、王者・青森山田高(青森)が昌平高(埼玉)との注目対決を3-2で制し、また一歩連覇へと前進した。

 両チームは一昨年のインターハイ2回戦でも対戦。その時は前半14分までに青森山田が2点をリードしながらも、その後の4得点で昌平が大逆転勝利を飾っている。互いにJリーグ内定選手を抱えるチーム同士の決戦を見届けようと、等々力競技場には多くの観衆が詰めかけた。

 試合前から青森山田が“先手”を奪った。コイントスで青森山田の主将MF武田英寿(3年/浦和内定)はコートチェンジを選択。前半は直射日光を避ける作戦に出た。

 前半も青森山田が完全に主導権を握った。前半8分にカウンターから武田が抜け出した場面はDF柳澤直成(3年)が何とか対応したが、同10分、MF松木玖生(1年)の右クロスからMF浦川流輝亜(3年)がシュート。一旦はGK牧之瀬皓太(3年)の好セーブに遭うが、跳ね返りを浦川が左足で押し込み、先制点を奪う。

 さらに青森山田は前半19分、武田との競り合いから柳澤がクリアを試みると、これがMF後藤健太(3年)へのパスになってしまう。後藤が難なく蹴り込んでリードを広げると、前半終了間際には浦川の左クロスに走り込んだ武田が頭で流し込み、18年インハイの対戦では奪えなかった3点目を奪った。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月5日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。