「選手のひたむきさに魅せられたのはフロンターレと同じ」アンプティサッカー協会 武田理事長が見る夢

「選手のひたむきさに魅せられたのはフロンターレと同じ」アンプティサッカー協会 武田理事長が見る夢
大会後、選手たちの前で挨拶する武田信平理事長

 2017、18年シーズンにJ1リーグを連覇し、常勝軍団への階段をのぼる川崎フロンターレが11日、新体制発表会見を行う。かつて2000年~2015年に同クラブの社長をつとめた武田信平氏は今、アンプティサッカー協会のトップとして新たな夢の実現にむけて、ひた走っている。

■アンプティサッカーの魅力は見ないと分からない■

 Jリーグクラブの経営トップが日本障がい者サッカー連盟(7団体)に参画するケースが増えてきた。特定非営利活動法人日本アンプティサッカー協会の武田信平理事長もその一人である。社長、会長を歴任した川崎フロンターレからの役職を退き、現職に就任したのは2016年4月。病気や事故で腕や脚を失った選手たちが熱闘を繰り広げる姿を見て、武田理事長は当初「クラッチを使ってこんなプレーが出来るのか」と驚いたという。

「川崎フロンターレのクラブの社長をしていた時もそうでしたが、私は選手に魅せられているのかも知れないですね。Jリーグでも、お客さんは一生懸命やる姿に感動するんですよ。チームのベースには、最初に” ひたむきさ”がなければならない。その上での戦術だと思うんですよね。試合は勝つこともあれば負けることもある。当然ファンは勝つことを望んでいます。でも負けた時にも温かい拍手で称えてくれる試合じゃないといけない。一生懸命にやった、負けたけど次も頑張ろうじゃないか。そこでファンと選手の一体感はできるんですよね。アンプティサッカーの魅力はご覧いただければ分かります。逆に見てもらわないと分からないかもしれない」

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「川崎フロンターレ + 大島僚太」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 大島僚太」のおすすめ記事をもっと見る

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「鹿島アントラーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「鹿島アントラーズ」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月11日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 川崎フロンターレ ジュニアユース
  2. 川崎フロンターレ 中村憲剛
  3. 川崎フロンターレ 大島僚太

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。