新生バルセロナが白星発進! ボール支配率80%超え、プッチ起点にメッシ決勝点

新生バルセロナが白星発進! ボール支配率80%超え、プッチ起点にメッシ決勝点
決勝点を決めたFWリオネル・メッシを祝福

[1.19 リーガ・エスパニョーラ第20節 バルセロナ1-0グラナダ]

 リーガ・エスパニョーラは19日、第20節を各地で行い、バルセロナグラナダを1-0で破った。就任したばかりの新監督の下、エースのFWリオネル・メッシが決勝点。ボール支配率80%を超える新たなスタイルも披露し、ホームの観衆を前に新体制初陣で好スタートを切った。

 新レギュレーションで行われたスーペル・コパ・エスパーニャを準決勝敗退という結果で終え、2017年夏から指揮をとっていたエルネスト・バルベルデ監督を解任したバルセロナ。今節からはキケ・セティエン監督が新たに着任し、初の公式戦に臨んだ。負傷で鮮烈を離れていたGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが実戦復帰を果たした。

 メンバー選考から監督交代の色はさっそく表れた。システムを3-1-4-2に変更し、17歳のFWアンス・ファティを8試合ぶりに先発起用。右サイドに大きく張らせる役割を与えた。2トップはフリーマン気味に動くメッシと裏に抜けるFWアントワーヌ・グリエーズマン。3バックは右からDFセルジ・ロベルト、DFジェラール・ピケ、DFサミュエル・ウムティティが入った。

 序盤は一方的にバルセロナがボールを握り続け、ボール支配率が85%に達する時間帯も。3バックのボール回しに相手がプレッシングをかけてくるやいなや、相手の逆を取る縦パスで徐々に前進していった。時にはサイドを広く使った攻撃からA・ファティ、メッシ、MFアルトゥーロ・ビダルが次々に決定機を迎え、ゴールは決まらなかったが一方的な前半を演じた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「メッシ + バルセロナ」のおすすめ記事

「メッシ + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「メッシ + twitter」のおすすめ記事

「メッシ + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ネイマール」のニュース

次に読みたい関連記事「ネイマール」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月20日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. メッシ Instagram
  2. メッシ twitter
  3. メッシ アルゼンチン代表

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。