学法石川は今年こそ打倒・尚志、全国へ。地区予選から計11試合、青森山田との東北決勝は「凄く大きな財産になる」

学法石川は今年こそ打倒・尚志、全国へ。地区予選から計11試合、青森山田との東北決勝は「凄く大きな財産になる」
学法石川高は悔しい準優勝。DFDF大津平嗣主将(5番)はこの経験を結果に繋げることを誓った

[1.27 東北高校新人選手権決勝 青森山田高 4-0 学法石川高 いわきFCフィールド]

 学法石川高は初の東北高校新人選手権決勝進出。昨年のプレミアリーグチャンピオン・青森山田高と対戦する機会を得た。後半半ばまでは1点差で食い下がり、自分たちが主導権を握る時間帯もあったが、スコアは0-4で完敗。主将のDF大津平嗣(2年)は「自分たちの力を100%出し切った上でのこの結果なので素直に受け止めて、次のインターハイと選手権で尚志を倒して全国に行くために繋げていければと思っています」と語った。

 昨年、プリンスリーグ東北に所属していた学法石川は、同年のインターハイ福島県予選決勝で同全国4強の尚志高と延長終了間際まで1-1の好勝負。FW染野唯月(3年、鹿島加入)に決勝点を許したが、福島の絶対的な王者の牙城を脅かしている。選手権予選は尚志と対戦する前に敗れてしまったが、新人戦では福島制覇。今回の東北新人戦でも2勝を挙げて自力があることを示している。

 そして決勝で敗れたものの、この時期に青森山田と真剣勝負をすることができたことは選手たちにとってプラスになりそうだ。特に後半はアグレッシブに前に出て、カウンターからチャンスを作るなどできた部分もある。その上で大津は「普段自分たちがやっているものとは違うスピード感だったので、違いを感じさせられました。経験したものを練習で意識してやれれば差も縮まると思いますし、経験を(ベンチの選手や応援していた選手に)伝えていければチームの底上げもできると思うし、下からの底上げがあればチームとしても良くなると思うので伝えていきたい」と誓っていた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月28日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。