橋岡大樹が今語る東京五輪生き残り、浦和レッズを背負う覚悟

橋岡大樹が今語る東京五輪生き残り、浦和レッズを背負う覚悟
浦和レッズMF橋岡大樹

 浦和レッズでプロ3年目を迎えるMF橋岡大樹には大きな期待が懸かっている。1年目から頭角を現わすと、昨シーズンは序盤の負傷を乗り越え、東京五輪世代の主力としても存在感をグンと高めた。東京五輪まで残り半年。本大会生き残りへの意気込み、生え抜きとして浦和を背負う覚悟を聞いた。

レッズを背負う覚悟は
常に持っている

――昨シーズンを振り返ると、昨年5月は守備の要として注目されていたU-20W杯を負傷で欠場しました。
「肉離れと言っても最初は間に合うんじゃないかなと思っていました。みんなからは『怪我したの?』『間に合うの?』と連絡が来ていて。検査の後に『大丈夫ではなさそう』と伝えた時に、年上だった自分がいなくなって、(瀬古)歩夢が引っ張っていってくれました」

――当時は同世代の活躍をどう見ていました?
「あの時期はU-20W杯もあったし、コパ・アメリカにも僕たちの世代が招集された。両大会でみんなが活躍している姿を見て、早くサッカーがしたかったです。復帰したら絶対に負けたくないという気持ちが大きくなっていました」

――影山ジャパンではセンターバックが定位置でしたが、代表でも浦和でも右ウイングバックが主戦場になっています。このポジションとどう向き合っていますか?
「元々はセンターバックなので、右ウイングバックをやることは難しいと周りに思われていると思うし、僕自身も最初は不安もありましたが、チャレンジして徐々にやれることが増えてきている部分では凄く楽しんでいます。やりがいのあるポジションですし、4バックだったらセンターバックとサイドバック、3バックだったらウイングバックと3枚のセンターバックが出来る。オプションを持っていれば将来的にも幅が広がると思う。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「浦和レッズ + 槙野智章」のおすすめ記事

「浦和レッズ + 槙野智章」のおすすめ記事をもっと見る

「浦和レッズ + 遠藤 航」のおすすめ記事

「浦和レッズ + 遠藤 航」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「鹿島アントラーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「鹿島アントラーズ」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月4日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 浦和レッズ 柏木陽介
  2. 浦和レッズ 槙野智章
  3. 浦和レッズ 移籍

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。