[新人戦]公立の雄と新鋭の注目対決。大津が1-0で制す:九州

[新人戦]公立の雄と新鋭の注目対決。大津が1-0で制す:九州
大津高はMF大島清(中央)が決勝点を演出。1-0で注目対決を制した

[2.17 九州高校(U-17)大会準々決勝 大津高 1-0 飯塚高 福岡フットボールセンター]

 伝統校と新鋭の注目対決は大津が制す――。第41回九州高校(U-17)サッカー大会(新人戦)は17日午前、準々決勝を行い、大津高(熊本1)と飯塚高(福岡2)との一戦は大津が1-0で勝利した。

 過去6年で優勝2回、準優勝2回、3位2回の“公立の雄”大津と初出場でベスト8へ進出した飯塚のカード。雪予報の福岡市は最高気温が5度を切るような寒さの中だったが、Jクラブのスカウトが多数訪れるなど注目度の高さを感じさせた。

 互いに今大会でトップレベルの技術力の高さ。その上で19年プレミアリーグWEST4位の大津は昨年同様、この時期に堅守の構築を目指してきている。昨年からメンバーの半数を残すチームは、ベースから積み上げてきた力をこの日も発揮した。横へのスライドが速く、球際の強度も他校とは異質。MF藤井瑛斗(2年)とMF森田大智(1年)のダブルボランチのセカンドボールの回収力も光っていた。

 DFラインからのビルドアップで大津の堅守を打開しようとチャレンジする飯塚と、中盤から先の位置ではそれを許さない大津の攻防。飯塚もMF野見山楽斗主将(2年)やJ注目のCB川前陽斗(2年)が守備面でも大津に負けないようなプレーを見せていたが、プレミアリーグ勢の大津が相手の背後を狙う攻撃や簡単にシュートを打たせない守備などで新興勢力を上回る。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月17日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。