『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』:発表会(東京ヴェルディユース)

『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』:発表会(東京ヴェルディユース)
『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』:発表会(東京ヴェルディユース)

東京のユースサッカーの魅力、注目ポイントや国内外サッカーのトピックなどを紹介するコラム、「SEVENDAYS FOOTBALLDAY」

 それは試合が終わって1時間近くも続いていただろうか。「毎年ユースは終わった後の写真撮影が長いんですよ。親たちもたぶん最後だからという気持ちがあって、結構時間が掛かりましたね(笑)」。笑いながらその時間を振り返るのは松橋優安。チームメートにも、コーチングスタッフにも、保護者の方々にも、サポーターにも、笑顔の花が咲き誇る。「最後に自分たちのサッカーができたので、そういう意味では本当に良い発表会で終わったのかなという気がします」。藤田譲瑠チマの言葉を思い出す。いったんのお別れ。ランドでの“発表会”は彼らにとって、新たな道へと歩み出すための“卒業式”でもあった。

 12月8日。ヴェルディグラウンド、通称“ランド”には少なくない人が集まっていた。高円宮杯プリンスリーグ関東第18節。既にプレミアリーグプレーオフ進出を逃していたため、東京ヴェルディユースは桐生一高と対峙するこの一戦が、シーズンの最終戦。ジュニアやジュニアユースから長い時間を共有してきた彼らが、ヴェルディアカデミーの選手として試合に臨むのは、この日が最後になる。

 馬場晴也は茨城からランドへ向かっていた。秋口に膝を負傷し、リハビリのために入院していたが、「最後の日だけはどうしても行きたくて」早朝に起床し、茨城の病院から東京へと駆け付ける。「緊張とかはなかったです。みんな一緒に6年間やってきたヤツらに、まあ三枝(新汰)は3年間ですけど(笑)、今までで一番良い試合をして欲しいなと思っていました」。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月18日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。