[新人戦]日章学園が九州3位。3月退任、“ラストゲーム”勝利の早稲田監督は選手たちに感謝

[新人戦]日章学園が九州3位。3月退任、“ラストゲーム”勝利の早稲田監督は選手たちに感謝
日章学園高の早稲田一男監督は同校での“ラストゲーム”勝利に笑顔

[2.18 九州高校(U-17)大会3位決定戦 長崎総合科学大附高 0-2 日章学園高 博多の森陸上競技場]

 日章学園が恩師の“ラストゲーム”で勝利! 第41回九州高校(U-17)サッカー大会(新人戦)は大会最終日の18日、3位決定戦を行い、日章学園高(宮崎2)が2-0で長崎総合科学大附高(長崎1)に勝利。3位の日章学園はサニックスカップ国際ユース大会(3月、福岡)への出場権を獲得した。

 日章学園は85年2月から指揮を執ってきた早稲田一男監督が、定年のために今年3月で退任。これまで去就については公言していなかったが、前日の準々決勝前に自らの口から選手たちにその旨を伝え、この3位決定戦が日章学園で最後となる公式戦指揮だった。

 対戦相手は小嶺忠敏監督率いる長崎総科大附。今大会、ボールを繋ぐ新スタイルで戦ってきた長崎総科大附だが、この日はマンマークとロングボールを主体としたサッカーで日章学園の前に立ちはだかった。

 日章学園はボールこそ握っているものの、相手の守備ブロックの中に縦パスを通すことができず、攻めあぐねた。それでも、前半28分にMF日野海土(2年)を右サイドへ投入。4-4-2から4-1-4-1システムへ変化し、FW小野大斗(2年)と10番FW木脇蓮苑(1年)が相手のマンマーカーにあえて張り付いたり、意図的にスペースを作り出したことでビルドアップも好転した。

 長崎総科大附は10番MF

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月20日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。