新型肺炎により縮小開催も昨年より観客増 ブラインドサッカー女子日本代表が菊島の8得点で大勝

新型肺炎により縮小開催も昨年より観客増 ブラインドサッカー女子日本代表が菊島の8得点で大勝
全8得点を決めた菊島宙(右から2人目)

【さいたま市ノーマライゼーションカップ2020】(さいたま市・サイデン化学アリーナ)
ブラインドサッカー女子日本代表8―0(前半2-0)ブラインドサッカー女子アルゼンチン選抜代表

 今年11月、ナイジェリアで女子では初の世界選手権開催が内定したブラインドサッカー女子の国際大会が22日、埼玉県さいたま市のサイデン化学アリーナで開催され、女子日本代表が8―0でアルゼンチン選抜に快勝した

 新型コロナウィルスが拡大を続ける中、屋内で行われるこの一戦の開催の可否を日本ブラインドサッカー協会(JBFA)とさいたま市側でギリギリまで協議した。実施にあたって濃厚接触等による感染を防ぐため、この日試合前に予定されていたブラインドサッカーやロービジョンの体験、パラリンピック種目のボッチャの体験などの体験は中止。国歌斉唱のときのエスコートキッズも中止した。

また観戦者についてもメーンアリーナの入り口を筆頭に各所にアルコール消毒液を設置。一度出て、再入場するお客さんに対しても、出入りのたびに手の消毒を促した。スタンドの観客席も例年はメーンスタンドだけを開放していたが、今年は両ゴール裏とバックスタンドも開放し、観戦者同士の間隔を広げられる工夫もした。運営スタッフはもちろん、取材するメディアにもマスク着用や会場の出入りでのアルコール消毒を促した。来場者数は昨年1033人を上回る1272人が集まった。

 一部縮小の形で開催を決めたJBFAの塩嶋史郎理事長はこう明かす。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月22日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。