「裏のスペースを狙って…」柏FWオルンガ、スピード活かし2ゴール

「裏のスペースを狙って…」柏FWオルンガ、スピード活かし2ゴール
札幌の脅威となっていた柏FWオルンガ

[2.22 J1第1節 柏4-2札幌 三協F柏]

 2018シーズンの夏から柏レイソルに加入したFWオルンガは、その年のJ1を10試合3得点で終えた。降格の憂き目にあった昨季のJ2では得点を延ばし、30試合で27得点をマーク。ケニア代表に1年で4度選出され、長距離移動を強いられながらも得点を積み重ねていく。最終節の京都戦(○13-1)では8ゴールを挙げて、Jリーグ1試合最多得点記録を更新した。

 当然、J1でも対戦相手のマークが厳しくなることが予想されたが、札幌との開幕戦で圧倒的な存在感を放ち、FW江坂任と同じく2ゴール1アシスト。193cmの長身ながらスピードとテクニックに長けていて、その長所が札幌戦でも発揮されていた。

 前半20分、FW江坂任が自陣でボールを持ったときには札幌の守備陣は3枚残っていたが、札幌DFとGKの間にループパスを落とす。オルンガは飛び出したGKク・ソンユンより早くボールにさわると、一度はサイドに流れてしまったが体制を立て直し、GKが戻ってきた中でも冷静にゴールを陥れた。「札幌が高いラインを保ちながらプレーしていたので、その裏のスペースを狙って付こうとしていた」。まさに狙いどおりの得点だった。

 オルンガの2点目は、札幌のCKからのカウンターだった。守備のためにペナルティエリアまで戻っていたオルンガは、マイボールになるや一気に駆け上がる。「クリスティアーノからいいスルーパスがきたので、GKとの1対1の場面でスピードでかわした」。GKク・ソンユンを一瞬のスピードでかわし、無人のゴールに流し込んだ。

 今オフには移籍話の噂もあがったが、自身2度目となるJ1を戦っている。幸先よく2得点を挙げたが、「2ゴールとってうれしいけど、浮かれることはない」と自らを戒めた。

(取材・文 奥山典幸)★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「柏レイソル + 移籍」のおすすめ記事

「柏レイソル + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「柏レイソル + 降格」のおすすめ記事

「柏レイソル + 降格」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月22日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 柏レイソル 移籍
  2. 柏レイソル 降格

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。