「前半は我慢」の新潟が“プラン通り”の白星発進!J2復帰・群馬は大前元紀らスタメンも得点奪えず

「前半は我慢」の新潟が“プラン通り”の白星発進!J2復帰・群馬は大前元紀らスタメンも得点奪えず
新潟がプラン通りの勝利(写真は昨季のもの)

[2.23 J2第1節 群馬0-3新潟 正田スタ]

 23日、2020シーズンのJ2リーグが開幕した。正田醤油スタジアム群馬ではザスパクサツ群馬アルビレックス新潟が対戦し、新潟が3-0で完封勝利した。

 昨季J3リーグ2位で3年ぶりにJ2復帰を果たした群馬は、GK清水慶記(←大宮)やMF内田達也(←東京V)、MF宮阪政樹(←松本)、MF岩上祐三(←松本)、FW進昂平(←YS横浜)、FW大前元紀(←大宮)の新戦力6人を起用した。

 一方、昨季10位だった新潟はGK小島亨介(←大分)とDF大本祐槻(←長崎)、DFマウロ(←テネリフェ)、MFゴンサロ・ゴンザレス(←フベントゥ)、MFロメロ・フランク(←町田)の5人がさっそく先発に名を連ねた。

 前半は風下に立った新潟。「前半は我慢。0-0でオッケーだった。プラン通りだった」と試合終了後のフラッシュインタビューでFW渡邉新太が語った通り、新潟は前半をスコアレスで折り返すと、試合終盤に怒涛のゴールラッシュで相手の戦意を奪った。

 まずは後半37分、左サイドの敵陣中央でFKを獲得した新潟は、DF堀米悠斗がゴール前に蹴り込むと、相手のクリアボールに渡邉が反応。ペナルティーアーク手前から右足ダイレクトボレーを叩き込み、先制に成功した。

 さらに後半41分、途中出場FWファビオがPA左から放った左足シュートはゴールライン上でDF鈴木順也にクリアされるが、こぼれ球を渡邉が再び中央へ折り返し、ロメロ・フランクが落ちついて流し込んだ。

 攻撃の手を緩めない新潟は後半43分にも追加点。自陣からのラフなロングボールが前線に送られ、ファビオがDF舩津徹也に競り勝つと、裏に抜け出して右足シュートを沈め、3-0でタイムアップ。新潟が2年ぶりの開幕戦白星で好スタートを切った。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第1節 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「アルビレックス新潟 + 移籍」のおすすめ記事

「アルビレックス新潟 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「コンサドーレ札幌」のニュース

次に読みたい関連記事「コンサドーレ札幌」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴィッセル神戸」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴィッセル神戸」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月23日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. アルビレックス新潟 移籍

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。