専修大新入部員に青森山田MF浦川、Jユース杯得点王FW村上、左SB根本、MF松永ら

専修大新入部員に青森山田MF浦川、Jユース杯得点王FW村上、左SB根本、MF松永ら
MF浦川流輝亜(青森山田高)は兄・MF浦川流樺も所属している専修大へ進学

 関東大学リーグ1部の強豪、専修大が20年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、専修大)。
 
 専大は昨年のJリーグ最優秀選手、FW仲川輝人(横浜FM)の出身大学。今年も実力派たちが加入している。MF浦川流輝亜は19年度のプレミアリーグチャンピオンで、選手権でも準優勝した青森山田高(青森)の副主将。優れた左足や連動性を特長とするMFだ。また、日本クラブユース選手権とJユースカップで優勝した名古屋グランパスU-18のFW村上千歩も専大へ。村上はJユースカップで7得点を記録し、得点王に輝いている。

 U-18日本代表候補にも選出されているDF根本健汰(鹿島アントラーズユース)は攻撃性能高い左SBだ。MF松永颯太(清水桜が丘高)は鋭い動き出しを特長とする静岡屈指のストライカー。昨年のプリンスリーグ東海で得点ランキング2位の17得点を叩き出している。

 松永のチームメート、DF東海林泰地は184cmの高さを持つ長身CB。清水ユースでもプレーしていた経歴の持ち主だ。また、松本山雅U-18の10番MF樋口大輝も専大へ。GKは国体3位の実績を持つ倉田一唯(日体大柏高)とポゼッションやキック精度にも自信を持つ大野来生(成立学園高)が専大への進学を決めている。

以下、専修大の入部予定選手
▼GK
倉田一唯(日体大柏高)
大野来生(成立学園高)
▼DF
東海林泰地(清水桜が丘高)
根本健汰(鹿島アントラーズユース)
▼MF
樋口大輝(松本山雅U-18)
浦川流輝亜(青森山田高)
松永颯太(清水桜が丘高)
▼FW
村上千歩(名古屋グランパスU-18)


※関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、大学によっては一般入学等によって新入部員が増える可能性があります。また諸事情により、公表されない大学もあります。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月9日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。